【FLYFLYGO超え!】ソロキャンプにおすすめコンパクトなランタンスタンドをレビュー

製品レビュー

こんにちは、チャリンコです。

ランタンスタンドのド定番の人気商品といえば、スノーピークのパイルドライバーですよね!

カッコよくて安定性も抜群なのですが、1m超の収納サイズと2kg近い重量はソロキャンプやキャンツーには不向きです。

ということで今回は、ソロキャンプやキャンツーに使えるコンパクトなランタンスタンドを購入したのでレビューしたいと思います!

よろしくお願いします。

コンパクトなランタンスタンド選びは難しい

ブランド発売の定番製品が無い

意外なことに、コンパクトなランタンスタンドは有名メーカーから発売されていません。

スノーピークもコールマンもロゴスも、コンパクトな一本足タイプのランタンスタンドを取り扱っていないのです。

コンパクトなランタンスタンドは『これさえ買えば間違いなし!』という鉄板の定番製品がないので、選ぶのが難しいアイテムのひとつですね。

乱立するAmazon中華製品

Amazonで検索してみると、怪しげな中華製品がたくさん出てきます。

もちろん中華製品にも良い商品はありますが、粗悪なハズレ商品があることもあります。

今回は慎重に調べながら、そんなAmazon中華製品からひとつを選びました。

■選んだのは『Ahorita (アオリッタ)ランタンスタンド』

今回僕が選んだランタンスタンドはこちらです↓

Ahorita ランタンスタンド 改良を 重ねて 新登場! コンパクト 安定強化 軽量550g ランタンポール ランタンハンガー 収納ケース付き ブラック

Ahorita (アオリッタ)というブランドらしいですが、ネット検索ではヒットしませんでした。大手メーカー品ではなく、マイナー?なメーカーの中華製品です。

レビューが良くまた返品やクレームが少ない商品が選ばれるAmazon’s choiceになっていたので、期待を込めて選びました。

スペック・特徴

主な特徴です。

  1. 一本足タイプ
  2. 値段は約2,200〜2,400円(2020年10月)
  3. 重量は軽量550g
  4. 収納サイズは34cmでコンパクト
  5. 展開した高さは124cm
  6. ポール径は太めの16mm
  7. ポール:アルミ / ランタンハンガー:ステンレス鋼 / ペグ:鉄

レビューは?やらせもチェック

Amazonは嘘や偽のレビューが多いので、サクラチェッカーでしっかりとチェックします。

サクラチェッカー | やらせ サクラ評価 口コミが丸わかり
サクラ/やらせ口コミを除いた本当の評価が分かるサクラチェッカー。Amazonや楽天などECショップのやらせ・サクラ評価を見抜き安心なお買い物!最終的に皆が選んだ製品のランキングやレコメンドから簡単に信頼性の高い製品を選べます

サクラチェッカーさんいつもありがとうございます。

レビュー自体が少なめですが、業者によるサクラのレビューは無さそうでした。

第一印象は、コンパクト◎

普段パイルドライバー使っているといのもありますが、届いてまず思ったのはとにかくめちゃコンパクト!ということ。

収納サイズは34cm、重さ500g程度なので、リュックでも余裕ですし、キャンツーにも持っていけますね。

■組み立ててみる

パーツはペグ・ポール・ランタンハンガーのみ

パーツは、ポール・ペグ・ランタンハンガーの3つととてもシンプルです。

ランタンハンガーは2つ付属しています。

ポールにはショックコードが通っているので、簡単に組み立てることができます。

ペグは、細い方をハンマーで打ち込み、太い方にポールを差し込みます。

ペグダウンして差し込むだけ!

まずはペグダウン。打つのは細い方(画像左側)です。

しっかりとペグダウンしたら、太い方(画像右側)にポールを差し込んで、フックを取付て完了です。

1本足のランタンスタンドはスッキリとしててスマートですね。

GENTOSの109Dを吊り下げてみました。

ペグが斜めにささってしまったので傾いていますが、ランタンの重さで傾いているわけではありません。

しっかりと支えてくれていて、安定感がある印象です。

■使ってみた感想

○いいところ

軽量・コンパクトなので出番が増える

ランタンスタンドは一度使うと手放せない便利さがあります!でも、正直無くてもキャンプはできます。

絶対に必要なアイテムではないので、優先順位が下がりがちです。

でもこのランタンスタンドなら、とりあえず持っていけるコンパクトさがあります。

いちおう持って行こうかな?とかサブランタン用に使おうかな?ってときにサッと積み込めるし、リュックにすら入ってしまいます。

そういう意味では、パイルドライバーよりも汎用性が高くて出番が増えそうです。

ペグのダブルヘッドがグッド!

おそらく先駆け?のFLYFLYGOのランタンスタンドは「ハンマーで打ち込むときにペグの上部が潰れてポールが入らなくなる。」というレビューがあります。

ハンマーを打ち込むこの赤丸の部分が潰れて変形してしまうみたいです。

このランタンスタンドは、ハンマーで打つ部分が本体とは別になっていて、潰れや変形が発生してもポールが入らなくなることは無いですね。

安定感も◎重量は2kgまで

重量は2kgまで対応しているということなので、大型のランタンでなければ使用可能です。

ポールの直径は16mmと類似品の中では太めです。

僕がキャンプでよく使うGENTOS EX-106D(電池込み700g)を吊るしてみました。

中型のランタンならば、安定感としては全く問題ないです。

△微妙なところ

高さが低め124cm

使用時の高さは124cmです。
ランタンスタンドとしてはやや控えめな高さです。

大人数のキャンプやハイスタイルのキャンプで使うには、ちょっと低いもしれません。

ポールをもう一本足して150cmくらいにしたら、照らせる範囲も広がるのでファミキャンでも活躍しそうです。

大型のランタンは少し不安

いちおう2kgまで対応らしいですが、大型のガソリンランタンは少し不安です。

問題無いというレビューもありますが、ランタンが落ちて割れてしまったら怖いので、僕はLEDランタンに限定して使います。

メインがガスの人は、サブランタンやおしゃれランタン・テーブルランタン用ににちょうどいいかもしれませんね。

★バリエーションの発売に期待

全体的には満足のいくスペックですし、高さ124cm、重量550gというスペックは軽量コンパクトでいいバランスだと思います。

ただ大型のガソリンランタンは少し不安なので、高さ180cm、ポール径28mmくらいのバリエーションがあっても良いんじゃないかなぁと思います。

まとめ

ソロキャンプには十分なスペック

Amazon中華はハズレも多いので最初は不安だったんですが、結果的には良い商品でした!

スペックも期待していた通りで、十分活躍してくれてます。ソロキャンプや3〜4人のキャンプだったら、これで十分だと思います。

ただ、コールマンの286Aワンマントルランタンのような2kg前後のランタンはちょっと怖いかな?と思います。

個人的にはLEDランタン専用で使うことにしてします。

こんなランタンスタンドです

■いいところ

・ソロキャンには十分なスペック◎

・コンパクトで持ち運び◎

・ダブルヘッドが優秀

・意外と安定感もある◎

■微妙なところ

・高さは少し低め(124cm)△

・大型のランタンは不安かも△

これからもガンガン使って行きたいと思います!

レビューは以上です。ありがとうございました〜!

コメント

タイトルとURLをコピーしました