【ミニマリストにおすすめ】コンパクトなリュックの完成形!グレゴリーのファインデイをレビュー

製品レビュー

こんにちは、チャリンコです。

僕は出かけるとき最低限のものしか持ちたくない派なのですが、手ぶらというわけにもいかずちょうどいいリュックはないかなぁと悩んでいました。

グレゴリー、ノースフェイス、アークテリクス、マムート など人気アウトドアメーカーを中心に探していたところ、コンパクトでちょっとした外出に最適リュックに出会いました!

今回レビューするのは、グレゴリーの『ファインデイ』というモデルです。

『ファインデイ』は、グレゴリー の名作リュック『デイパック』がベースになっていて、形はそのままコンパクトにサイズダウンしたモデルです。

『デイパックは』グレゴリー創業当初から40年以上販売されている人気のロングセラーモデルで、今でもグレゴリーのリュックの人気ランキング1位です。

『デイパック』は『ファインデイ』に加えて『マイティーデイ』というモデルもあり、3つのサイズ展開があります。

  • ファインデイ 容量16L
  • デイパック 容量26L
  • マイティーデイ 容量30L

『ファインデイ』は、グレゴリー のリュックの中でも『デイパック』に次ぐ、人気ランキング2位のモデルです。

実際に使って実感しましたが、ファインデイは日帰りの外出など普段使いにぴったりなサイズ感で、かなり使えるリュックです。

『デイパック』の形はそのままにサイズダウンして、よりコンパクトになったモデルが今回紹介する『ファインデイ』です。

それでは、よろしくお願いします!

グレゴリー ファインデイとは

基本スペック

まずは基本スペックです。

GREGORY公式HPより引用
  • 容量:16L
  • サイズ:幅34×高さ43×奥行13cm
  • 重さ:505g
  • 定価:¥9,500(税抜)

サイズは16 Lと小型のリュックで、普段使いのリュックとしてベストサイズです。グレゴリーのリュックタイプの中では最小クラスのモデルです。

人気のロングセラーである『デイパック』を形そのままサイズダウンされています。

出典:楽天市場

性別を問わないシンプルなデザインです。

構造

構造はシンプルで、メインの気室(コンパートメント)には仕切りやPC用のスリーブはありません。

ポケットは外側にファスナーポケットがひとつと、内側にメッシュポケット1つあります。

内側のメッシュポケットは、鍵などの小物を入れるのにちょうど良いサイズです。

外側のファスナーポケットは、折りたたみ財布やスマートフォンが入るサイズ感です。

使った感想

ミニマムでいたいという欲求を満たしてくれる

この『ファインデイ』を選んだ一番の理由は、”無駄の無いサイズ感”という点です。

僕は普段の買い物や日帰りの外出の際、できるだけ荷物を減らしたい派です。

持ち歩くものといえば、スマホ・財布・家の鍵、さらにエコバックと時期によってはタオルや500mlのペットボトルがある程度。

ノースフェイスのヒューズボックス(30L)を持っているのですが、かなりボリュームがあるので明らかにオーバースペック。グレゴリーのショルダーバックも持っているのですが、ペットボトルを入れたらエコバッグたタオルは入らない。

通常サイズのリュックもショルダーバックもしっくりこないな〜と思っていたところ見つけたのが、この『ファインデイ』でした。

リュックの元祖であるグレゴリーの『デイパック』。コンセプトそのままに、荷物が少ない人向けにサイズダウンした『ファインデイ』は、まさに僕が求めていたリュックそのものでした。

必要最低限のものしか持たないミニマム派、けど妥協しないスペックのリュックが欲しい!という人にはまさに最適のリュックだと感じています。

意外と入る

容量は16Lとリュックの中でもかなり小さな容量です。

普段は、スマホ・財布・タオル・その他小物程度しか入れていないのでまったく問題ないのですが、マックスまでいれたらどれぐらい入るのかなということで試してみます。

まずは2Lのペットボトルを3本

余裕で入ってしまいました。パンパンになりますが、頑張れば4本目も入ります。

コンパクトなリュックですが、これだけ入れば十分ですね。

さらに実用的なものも入れてみます。

入れたもの↓

  • スマホ(iPhone12 mini)
  • 財布(折り畳み)
  • キーケース
  • ウルトラライトダウン
  • iPad
  • タオル
  • ペットボトル(500ml)
  • 折りたたみ傘
  • ジーパン
  • Tシャツ

荷物が少なめの人ならば、一泊二日程度の旅行もいけるかもしれないですね。

バリエーションが豊富で選ぶのが楽しい!

ファインデイはカラーバリエーションも豊富です。

圧倒的な人気はブラックのようです。ブラックは2種類あって、ファスナー引手が茶色のものが通常のナイロン素材、ブラックのものがHDナイロンという耐摩耗性にすぐれたモデルになります。

僕は通常のブラックとHDでかなり悩みましたが、グレゴリーの伝統的なデザインである通常のブアックを購入しました。

どこで買うのがお得か

定価は10540円(税込)です。グレゴリーのリュックとしては一番安い価格帯です。

デイパックの約半分の値段なので、少しお得感がありますね。

  • ファインデイ 10,540円(税込)
  • デイパック 22,000円(税込)
  • マイティーデイ 26,400円(税込)

私は楽天市場で購入しましたが、2019年10月の時点で7500円前後でした。

まとめ

ファインデイはこんな人におすすめ!

  • ちょっとした外出に使いたい
  • 荷物は最小限のミニマム派の人
  • 旅行のサブバックとして

レビューは以上となります!ここまで読んでくださりありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました